ハッピーエンド作品紹介ブログ

映画、小説、ジャンル問わずハッピーエンド大好きなまるポロがお気に入りの作品を紹介するブログ

オススメ映画ランキング!BEST5!!〜2022年5月8日更新版〜

閲覧ありがとうございます!

 映画、小説、ジャンル問わずハッピーエンド大好きなまるポロがお気に入りの作品を紹介するブログです!基本的に映画紹介がメインです!お気に入りの作品を共有してもらえると嬉しいです! 

 どんどん更新していくので、定期的に遊びにきてください!

 

今週のオススメランキングBEST5!!!

5位 「ワンダー君は太陽

〜子供時代の貴重さ、素晴らしさを伝えてくれる〜

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

 

4位 「コンフィデンスマンjp 英雄編」

〜絶対に騙されるのに超爽快〜

ninkinoone.hatenadiary.com

 

3位 「嵐 Anniversary tour 5×20 FILM “Record of Memories” & Blu-ray 」~part1~ 

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

2位 「ジャングルクルーズ

〜豪快なアドベンチャーかつコミカル〜

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

1位 「ドラフト・デイ」

〜後半最後 30 分からの疾走感が半端ない、試合外の戦い!〜

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

TOTAL BEST 5!!!!!

5位 「るろうに剣心 最終章 The Beginning」

〜アクション映画に止まらない最高傑作〜

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

4位 「トゥモロー・ウォー」

〜これぞ映画、という壮大なスケール感〜

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

3位 「パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊たち」

〜ディズニーのアトラクションから生まれた最高傑作〜

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

2位 「きっと、うまくいく」

〜クライマックスが2つのきれいなハッピーエンド〜 

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

1位 「ショーシャンクの空に

〜「希望」という言葉を好きになれる傑作〜

 

ninkinoone.hatenadiary.com

 

閲覧ありがとうございます!

スター、ブックマークお願いいたします!

またぜひ遊びにきてください!!

「バンクーバーの朝日」〜スポーツが持つ力を教えてくれるいい映画〜伏線解説感想考察!

 

 

 時代感を反映した野球映画。野球を題材に、戦争前の移⺠の姿を描いた作品。実話を基にした物語であるため、結末が太平洋戦争となり、大円団とはならな い。それでも後味は割と爽やかで、面白かった。

 カナダの日本人移⺠は待遇悪かったのだと感じさせられる作品。おそらくは、 カナダに限らず、白人系の国ではどこであろうと同じだったのだろう。その中 で、野球を通じて対等に交流し、認められていく様は見ていて応援したくなる。

 物語の中心は、朝日という日本人野球チームだ。このチームのキャプテンに指名されたのが妻夫木君演じる、レイジ。レイジを主人公として、チームメイトと その周りの日本人街の人々が描かれる。野球で勝つことが目的の映画ではないため、試合展開が複雑に描かれたりすることはない。その代わりに、応援している人々の顔はとても良く写る。朝日が弱小チームから始まり、スモールベースボ ールを駆使して強くなっていく様子は爽快だ。それに連れて、見ている観客の様 子が変化していくのが良い。日本人の観客は増えるし、白人からも日本人の好プレーを称える様子が観れるようになるのだ。野球を通して多⺠族の交流を創出していった様が、観客の様子で表現されていたのだと思う。

 レイジの父は佐藤浩市が演じていたが、この世代がまた不器用なのだ。カナダの日本人街を作り上げた世代なのだが、どうにもカナダ人とは相容れられない。 差別を耐えて耐えて過ごしてきたからだろうが、日本人同士のつながりのみで、 敵対意識が強い。レイジの妹である高畑充希が演じていたエミリーとは対照的だった。エミリーはカナダの親日家の家で働かせてもらっており、学校もカナダ人とともに通い成績優秀。カナダを好きで居たいと寂しげに話す姿は、親世代と は考えや思いが異なることを示唆していた。それでも、奨学が日本人だからという理由でされるなど、まだまだ差別は多い。だからこそ、野球で朝日が 活躍すると、日本人のもが喜ぶのだ。また、勝つごとに認められていく様子も かった。おそらく、バントばかりの作戦など、誹謗は多くあっただろ う。それでも映画ではえて描かなかったのは、日本とカナダ双方部分焦点てたかったからではないだろうか。日本は朝日の活躍らせた。 カナダ人も朝日の活躍を認めるものも多く、素直に称えた人たがいたことを きちんえたかったのではないか。

  現実に朝日がカナダの野球殿堂入りしているのは、とてもすごいことだと思う。

 生きてくのが大変な中で、日本人の希となり、カナダとの架け橋となった朝日はすごいし、スポがえてくれるいい映画だったと思う。

 

閲覧ありがとうございます!

スター、ブックマークお願いいたします!

またぜひ遊びにきてください!!